2014年09月18日

かかと編みを克服しよう! かかとの編み方色々

靴下編みの一番の難関、かかと部分。

靴下編みにチャレンジするも、かかとで挫折する人が結構いるようですね。

かかとの編み方は色々あって、私も全部一通りやったわけではないけれど、
私の知る限りで、比較的簡単な編み方や、おすすめの動画説明を載せます。
私も動画にはずいぶん助けられました。You tuberのみなさん、ありがとう

甲マチのある靴下は履き心地が良く、個人的には一番おすすめだけど、(甲マチ付の靴下について→☆
ここはかかと編み克服と言うことで、まずはマチ無しの靴下で
かかと編みを克服しよう!
いずれの編み方も甲マチ無しの、市販の靴下に似た形のかかとになります。

Wrap & Turn

海外で一般的なラップ&ターン(wrap&turn)(ラップ=編み目の根元に糸を巻き付ける。海外で主流のやり方) 
Itosakuさんが日本語でとっても丁寧に教えてくれます。


Itosakuさん、ありがとうございます

P9170064.JPG 
Wrap & Turnで編んだかかと 長年履いてるのでちょっと毛羽立っていますたらーっ(汗)


Wrap & Turn以外
ニッター御用達の毛糸 ピエロさんが教えてくれる、かかとの編み方。
面倒な引き返し編みや段消し、ラップ無し! 
私が知っている限り これが一番簡単!

フィット感や履き心地も問題無し!ちゃんとした形のかかとが出来上がりますよ。
減目と増目だけでかかとを編むやり方です。



このかかとの編み方で

右の写真のような形状の

靴下が編めます。


ピエロさんのHPに

無料編み図もあります!

  
1目1目ゆっくりと丁寧に教えてくれます


ただ、この編み方だと、かかとの増減の目が立って、表目がスジのように浮き出る形となります。
P9170051.JPG
履き心地には影響しないけど、できればスジ無しが良い、と言う方は、ピエロさんのかかとよりはちょっと難易度は高くなりますが、こんな編み方もあります。

私個人は これが一番おすすめ。Wrap & Turnより簡単だし、Wrap無しでも、見た目が綺麗なかかとになります。
英語の動画ですが、丁寧に教えてくれるので、英語がわからなくても、多分大丈夫。

三番目の動画で編んだかかと。
wrap無しでも履き心地が良くて、見た目も綺麗なかかとになります。
編み目が広がって穴ができることもありません。

かかと編みに挫折してしまった人も、ぜひ、もう一回チャレンジしてみて下さい!

posted by SOCKAHOLIC at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック