2014年11月12日

なわあみ針を使わないケーブル模様(交差編み) 

無地のソックヤーンとか、手染めの、濃淡があるソックヤーンを編む時は、ケーブル模様を選ぶことが多いです。

P3060020.JPG
P3060023.JPG
糸:Dream in color(米国) Smooshy with cashmere
カシミア20%の贅沢なソックヤーン。カシミア特有のしっとりした、もっちりした肌触り。
ちょっとお高い糸だけど、一度この肌触りを知ると、もう手放せません。
糸の染めは手染め特有の微妙な色むらのある茶色


P4090003.JPG

糸:SweetGeorgia(カナダ)Tough Love Sock
ここの糸は、色がとっても綺麗。ソックヤーンの割には撚りが甘くて糸割れして編んでいる時ちょっと引っかかりやすい

P3190041.JPG
P3190040.JPG
糸:Madelinetosh(米国) Tosh Sock
日本でも人気の高いマデリントッシュ。良質のウールに加え、なんといってもその独特の色が魅力。ナイロンの入っていない、ウール100%のソックヤーンですが、防縮ウールでヨリもとてもしっかりしているので、洗濯機でガラガラ洗っても今のところ全く問題なし。


ケーブル模様を編む時、普通なわあみ針を使うけど


←なわあみ針






私は、なわあみ針を使わないでケーブル模様を編んでます。

 

なわあみ針を使わない方法は、ちょっとしたコツが要りますが、慣れるとスムーズにできるようになり、なわあみ針を使うより、早くサクサク編めるようになります。

なわあみ針に持ち替えて、交差する編み目をいったんなわあみ針に移し、またもとの編み針に移す、という一連の動作も, 何回も繰り返しになると、結構な時間を食うことになります。

なわあみ針を使わない方法にしてから、ケーブル模様の靴下を編む所要時間がかなり短くなりました。


24時間タイムセール中 毛糸ZAKKAストアーズ
コットンフェス開催中 コットンヤーンが超お買い得 毛糸ピエロ
posted by SOCKAHOLIC at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編み方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック