2016年04月23日

手染めにチャレンジ!食用色素をいろいろ試してみた

染色するための食用色素、いくつか試してみた。

F6C80AE2-8A2C-4086-8F75-FE7815B829AF.jpg
混ぜたり薄めたりすると結構いろんな色ができた。

0819560D-4295-47F6-AD2B-9370489784F7.jpg
共立食品 食用色素  基本の三色。たいていどこのスーパーにも置いてある共立食品の食用色素。

0B9DE7CD-8FC0-465D-8249-217AF51F8C64.jpg
左から2点は同じく共立色素の黒と緑。
共立食品には無い、紫、茶、ピンクを試してみた。 

B0DFC623-3F07-4720-A94D-C819B81B3713.jpg
アメリカのジェル状食用色素。色数が豊富。

ペットボトルの蓋に生成り毛糸と染色液を入れてレンジでチン。
827FBF5E-9E34-4D45-9BCF-0FD6C51DA481.jpg

使った糸はコレ

5/9までセール中


まずは共立食品の基本三色と緑

83371575-3AFA-4846-A192-ACDE7B2C7D67.jpg
良く染まる。

99EBB33D-8D58-48EF-B2C8-A2A4306599C0.jpg
濃度を変えるとだいぶ色が変わる。

共立食品の上の4色は、すべて合成着色料

同じ共立食品の。これだけは合成じゃなく、竹炭の色素。値段も上の4色より少し高い。

私の台所の色素も、合成じゃなく天然色素。

ピンク=赤ビートの根
茶=イネ科の穀物
紫=紫いも


ピンクは「退色するので加熱は避けてください」の断り書きが。レンジでチンしたら色が落ちるかも、と思っていたけど、他の天然色素は、草木染とか植物を使った染色もあるし大丈夫かな、と思ったのだけど…

93B2BA94-CE8B-420E-90FA-574FB84C30F5.jpg
左から、ピンク、黒、紫、茶
水100tに対し、色素を付属の匙で山盛り10杯溶かした染色液を使用。合成着色料も同じ割合で染色液を作ったけれど、天然色素はうっすら色がつく程度にしか染まらない。
ピンクは案の定、ほとんど染まらなかったので、ピンクはここで却下。

残りの三色は、濃さを二倍にしてもう一度染めてみた。
4771287C-21AC-491A-B3F2-0490E792492E.jpg
左から紫、黒、茶。
紫は、2倍にしても色はほとんど変わらず。
黒と茶は少しは濃くなった。
写真では実物よりかなり色が濃く見えてるけれど、実際は黒=明るめのグレー、茶=ミルクキャラメル色

黒と茶は、濃くすれば染色に使えないこともないけど、天然色素はどれも水に溶けず、粉末が底に沈殿し、その都度よくかき混ぜなくちゃいけない。今回は20pくらいの糸を染めたけど、実際、1カセとなるとムラになりそう。
それに大量の色素を使わないと染まらないので、コスパ的にもあんまりよろしくない。


アメリカ ウィルトンのアイシングカラー こちらは合成着色料。普通のスーパーでは見かけないけれど、ネットで手に入る。
お値段は一つ400円位。
試したのは、ローズ、スカイブルー、バイオレット、ピンク、ブラウン

お買い得8色セットもある。

既にYoutubeでこれを使って染色していて染めに使えるということはわかっていたので安心して使えた。
B0DFC623-3F07-4720-A94D-C819B81B3713.jpg
ウィルトンはジェル状のペースト。付属のスプーンなどはついていない。
今回はつまようじの先につけたジェルをボトルキャップの水に直接溶かした。

2EB8EFA6-55DE-4EE4-BC98-944BDC5C0754.jpg
ピンクだけは水に溶けずに分離した。他の色はよく溶けた。

2F6435C9-B917-4C1D-BA32-45DB69349AC5.jpg
左から、ローズ、スカイブルー、ピンク、ブラウン、バイオレット
水に溶けなかったピンクも加熱すると溶けてまんべんなく染まった。

225FA693-8078-4163-A996-E9E8829F701F.jpg
いろいろ混ぜてみた。共立食品の合成着色料とWiltonを混ぜてみたけど問題なく染まった。

今回の実験で、天然食用色素はよく染まらないとわかったので、今後は使わないことにした。

共立食品4色、Wilton5色をいろいろ混ぜて、何色か色サンプルを作ってみた。
F6C80AE2-8A2C-4086-8F75-FE7815B829AF.jpg
濃度や組み合わせる色の比率を変えれば、まだまだたくさんの色が作れそう。


こちらはまだ試していないけれど、

染めに使っている人がいた。

バラでは売っていないけれど、青、赤、黄、緑の4色セットで、お値段は400〜450円とお手頃。
基本色を揃えるなら、共立食品より、こちらのセットの方がお得。
あと、こちらはリキッドで、容器を押して直接出せるので扱いやすそう。
共立食品使い終わったら、こっちを試してみる予定。

[共立食品] HOME MADE CAKE 食用色素 赤 5.5g -  共立食品は粉末。付属のさじですくった、まさにその時思いっきりくしゃみをしてしまい粉が飛び散って悲惨なことに…花粉症の方は特にご注意を。
posted by SOCKAHOLIC at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 手染め | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437040774

この記事へのトラックバック